会社設立なら大阪のSR経営サポート

会社設立トップお問い合せ資料請求お客様のこえ会社概要

 
はじめての会社設立
自分で設立する方へ
株式会社の設立
合同会社の設立
外国会社日本支店の設立
外国会社日本子会社の設立
農事組合法人
その他の種類
建設業の会社設立
宅地業の会社設立
介護事業所
農業の法人化
その他の業種
 
 
建設業許可
宅建業免許
特定労働者派遣事業
古物商
その他の許可・免許
 
 
助成金一覧
中小企業基盤人材確保助成金
受給資格者創業支援助成金
特定求職者雇用開発助成金
 
 
役員変更
商号変更
その他の定款変更
 
確認会社の解散事由の抹消
 
 
確認会社の解散事由の抹消
会社法施行前、「最低資本金制度の特例」により、有限会社なら300万円、株式会社なら1,000万円の資本金を用意しなくても会社が設立できる制度がありました(いわゆる、「確認会社」「1円会社」と言われたもの)。
しかし、この制度で設立した会社は5年以内に最低資本金まで増資しないと会社を解散又は縮小しなくてはならないという約束事がありました。そしてその旨は商業登記簿謄本に解散の事由として明記されています。

会社法施行後、最低資本金制度というもの自体廃止されましたので、この「解散事由」というもの自体
意味のないものとなりました。従って最低資本金に満たなくてもこの「解散事由」を抹消することができます。逆に会社設立から5年以内にこの「解散事由」を抹消する登記手続きをしないと、法務局の職権により会社が解散させられてしまうということになります。この制度で設立した方は早めに「解散事由」
抹消の登記手続きを行う必要があります。

<ご準備いただくもの> (通常)
1.会社代表印
2.役員全員の認め印(代表取締役を除く)

 
 
 
申込み・見積り依頼フォーム
 
 
役員変更商号変更目的変更本店移転有限会社から株式会社へ変更
確認会社の解散事由の抹消会社解散・清算人取締役会・監査役の廃止
増資減資支店設置株式譲渡契約定款の作成
 
>>定款変更一覧はコチラ
 
 
 
HOMEに戻る
W3C CSS 検証サービス
Copyright 2007 (c) SR keiei support All right reserved.
会社設立のSR経営サポートホームページへ
記事、写真、画像を無断転載・転用・引用を禁じます。