会社設立なら大阪のSR経営サポート

会社設立トップお問い合せ資料請求お客様のこえ会社概要

 
はじめての会社設立
自分で設立する方へ
株式会社の設立
合同会社の設立
外国会社日本支店の設立
外国会社日本子会社の設立
農事組合法人
その他の種類
建設業の会社設立
宅地業の会社設立
介護事業所
農業の法人化
その他の業種
 
 
建設業許可
宅建業免許
特定労働者派遣事業
古物商
その他の許可・免許
 
 
助成金一覧
中小企業基盤人材確保助成金
受給資格者創業支援助成金
特定求職者雇用開発助成金
 
 
役員変更
商号変更
その他の定款変更
 

【東京オフィス】
東京都新宿区西新宿8-5-4-801
TEL 03-3364-7227
FAX 03-5348-3712

【大阪オフィス】
大阪市中央区谷町1-6-8 4F
TEL 06-6941-6216
FAX 06-6941-6217
大阪オフィスの詳細はコチラ


【名古屋オフィス】
名古屋市西区名駅2-11-8-501
TEL 052-541-0240
FAX 052-541-0239
建設業の許可申請
 
管工事業とは
冷暖房、空気調和、給排水、衛生等のための設備を設置し、又は金属製等の管を使用して水、油、
ガス、水蒸気等を送配するための設備を設置する工事です。

<例 示>
冷暖房設備工事、冷凍冷蔵設備工事、空気調和設備工事、給排水・給湯設備工事、厨房設備工事、
衛生設備工事、浄化槽工事、水洗便所設備工事、ガス管配管工事、ダクトエ事、管内更生工事など

■補則
配管(はいかん)は、液体・気体・粉体などの流体を輸送するためや配線などの保護を目的に管(パイプ)、チューブ、ホースを取り付けることである。取り付けられた管自体を指していう場合もある。
1.液体配管
  管内の乱流は局部の磨耗・腐食の原因となる。
  水配管 : 寒冷地では凍結による破損に注意が必要である。
  飲料水 : 有害物質の溶出・細菌類の繁殖・錆などの濁の無いことが求められる。
  雑用水
  排水 : 排水に含まれる成分によって劣化しないことと、温度にあわせた特性が必要である。
  熱源水 : 必ず保温が必要である。
  油配管 :
2.気体配管
  適切な太さで配管を行わないと、圧力・温度などの低下でエネルギーの損失となる。
  蒸気配管 : 温度にあわせた保温が必要である。
  圧縮空気配管
  燃料ガス配管 : ガス漏れ警報機・緊急遮断弁などの保安装置が必要である。
  都市ガス配管
  液化石油ガス配管
  冷媒配管 : 分離型のエア・コンディショナー、冷凍機などでは室外機・室内機間に冷媒配管が必要
  である。
  特殊ガス : 病院・化学工場などでは特殊ガスが用いられる。医療ガス配管、化学プラント配管、真空
  配管、航空宇宙配管など。
3.粉体配管
  粉体は詰まり易いため、管内部を平滑にし曲げを少なくし曲率を大きくするなどの配慮が特に必要で
  ある。
  爆発性の粉体は、静電気の防止ための配管の接地、不活性ガスの使用などを行う。
  また、付着性の粉体・密度の大きい物質・粒の大きなものにはスクリューコンベア・フライトコンベア・
  バケットコンベア・ベルトコンベアの使用が望ましい。
  吸引配管 : 吸込側を負圧にすることによって輸送するもの。粉体の分離が不十分であると吸込用送
  風機の損傷の原因となる。
  圧送配管 : 送り込み側を正圧にすることにより輸送するもの。用いる気体の湿度管理が重要である
  。
4.配線保護用の配管
  計装用配管
  計測機器、制御機器などの配管、圧力、温度、放射線、可視光線、測定データ伝送など。
  電気設備用配管
  照明設備や動力設備などの商用電源用ケーブルや自動火災報知設備や放送設備など弱電設備用
  のケーブルを保護するために電線管や電線ダクトを使用する。漏電による感電事故を未然に防ぐた
  めに、必ず管を接地する。
 

 
建設業の許可申請のトップに戻る
 
土木工事業 建築工事業 大工工事業 左官工事業 とび・土工工事業 石工事業
屋根工事業
電気工事業 管工事業 タイル・れんが・ブロック工事業 鋼構造物工事業
鉄筋工事業 ほ装工事業 しゅんせつ工事業 板金工事業 ガラス工事業 塗装工事業
防水工事業 内装仕上工事業 機械器具設置工事業 熱絶縁工事業 電気通信工事業
造園工事業
さく井工事業 建具工事業 水道施設工事業
消防施設工事業
清掃施設工事業
 
HOMEに戻る
W3C CSS 検証サービス
Copyright 2007 (c) SR keiei support All right reserved.
会社設立のSR経営サポートホームページへ
記事、写真、画像を無断転載・転用・引用を禁じます。